ホームゲートウェイの下にあるRTX810のLANからひかり電話を使う

IPv6 IPoEで接続したので、ホームゲートウェイのPR-500KIの下にRTX810を設置しました。いわゆる二重ルーターの構成です。これで無事にRTX810のLAN側のPC、スマートフォンでIPv6でアクセスできるようになりました。

これでめでたし、めでたしとなったと思ったら、スマートフォンのソフトフォンのアプリでホームゲートウェイに接続できなくなりました。ひかり電話に発信着信ができません。あまり使っていないので影響はないのですが。

考えれば当たり前ですが、RTX810下のLANのネットワークとPR-500KIのネットワークが別なので、このままではアクセスできません。ネットワークのルーティングを設定します。

まずは、PR-500KIのネットワークを設定します。今まで、 PR-500KI をRTX810のLANに入れていたので同じネットワーク(仮に192.168.0.0/24としておきます ) のアドレス(仮に192.168.0.2とします)にしていました。PR-500KIのネットワークを、これと別の192.168.140.0/24のネットワークにします。

RTX810のWAN側(LAN2)にIPアドレス(192.168.140.2とします)を振ります。今まではLAN1のDHCPでIPアドレスを設定していたようです。

ip lan2 address 192.168.140.2/24

PR-500KIの設定を行います。こちらはRTX810のLAN側からアクセスできないので、PR-500KIのLANポートにPCをつないで、設定してあったIPアドレス(192.168.0.2)でWebの設定ページで設定します。DHCPの設定をしていないので、PCには固定のIPアドレス(仮に192.168.0.100)を設定しておきます。

PR-500KIのWebページでIPアドレスを192.168.140.1に設定します。次回簡単にLANポートにPCをつないだときにIPアドレスの設定ができるように、ついでにDHCPも設定しておきます。

ルーティングの設定をします。プライベートIPアドレスは、RTX810のWAN側192.168.140.2)にルーティングするように設定します。このとき、ルーティングを有効にするようにチェックを忘れないようにしましょう。私の場合、チェックしないで無効状態になっていたようで、ルーティングされないで悩みました。

RTX810のルーティングは、IPアドレスを設定すれば自動的にルーティングの設定を追加してくれるようです。システム情報の経路情報には、以下のようにルーティングの設定が追加されていました。

192.168.140.0/24    192.168.140.2          LAN2  implicit 

ここでPR-500KIの再起動となります。 これでめでたくRTX810のLAN(実際にはWiFiのアクセスポイント経由ですが)に接続されているスマートフォンから、PR-500KIのSIPサーバーを使ってひかり電話に発信・着信ができるようになりました。PR-500KIのWebページもRTX810のLAN配下のPCからアクセスできるようになります。

こんな面倒なことをするよりも、RTX810を捨ててPR-500KIだけでつないでしまった方が簡単かもしれません。そこまでしてヤマハのルーターを使おうとするか・・・。

ヤマハRTX810でIPv6 IPoEの接続成功したかも

三連休からPv6 IPoEの接続で、ああでもないこうでもないとやっていたけど、ようやく成功したかも。今のところ、切断されることなくIPv6でも接続されている。

つながっても時間が経つとIPv6が接続できなく原因は、PR-500KIとRTX810を並列に並べていたので、両方でDHCPv6で取得しようとするからアドレスを取り合ってしまうということらしい。 こう言っている私もまだよくわかっていないので、以下のサイトを見て欲しい。

しかしながらIPv6で接続したものの、普段利用するサービスでIPv6が対応しているサービスは、Google関連かDropboxくらいしかなかった。FeedlyとかTwitterとかYahooとか、他のサービスはほとんどIPv4である。現状では、あまりIPv6でつなげても意味ないかもしれないな。

でも、さすがにヤマハのネットワーク機器のサイトはIPv6だった。ヤマハのNVR510であればPR-500KIがいらなくなるので、もっと簡単にIPv6 IPoEで接続できたかもしれない。というよりも、こんな二重ルーターの構成にするよりも、RTX810を捨ててPR-500KIだけでつなぐというほうが簡単かもしれない。しかも二重ルーターの構成だとルーティングをしないと、RTX810の下のPC、スマフォからSIPサーバーであるPR-500KIを見えないのでソフトフォンが使えない。

先般のHTTPSのサイトがGoogleの検索順位を上げたように、IPv6対応のサイトを順位が上げるようにしたら、みんなIPv6に対応するのではないのかな。

以上、人のことを言っているより、ここのサイトもIPv6対応にしなければいけないな。

IPv6 IPoE接続をしつこく再チャレンジ

IPv6 IPoE接続をしつこく再チャレンジ。 DHCPv6 について調べていたら、気になるサイトを見つけた。

でも、ONUルーターってゲートウェイのこと? あとこちらのサイトも。

現在のネットワークの構成は、NTTからレンタルされているゲートウェイのPR-500KIのONUとルーター部をUNIポートで分離して、ルーター部をひかり電話、ハブを介して並列にインターネットに接続するためにRTX810をつなげている。実際のネットワーク構成図はこちら。古いがインターネットとひかり電話周りは変わっていない。

これをNTTの推奨の通りに、PR-500KIの下にRTX810を直列につなげるように変更する。変更後、ひかり電話とIPv4のPPPoEの2セッションが正常に動作することを確認する。こちらはOK。

つぎにIPv6 IPoEの接続をRTX810の簡単設定ページで行う。こちらは何度もやっているので、慣れたもので数十秒で完了。簡単設定ページのトップでIPv6で接続されていることも確認した。

RTX810の配下のPCでもipv6-test.comでIPv6のグローバルアドレスが配布されていることとDNSも正しく解決していることも確認した。無線LANのAPを念のため再起動して、スマートフォンからも同様にIPv6が正常に動作していることも確認した。

これでしばらく様子見。

注意点として、PR-500KIのLAN側のアドレスは、そのままRTX810のLAN側のネットワークのアドレスとしたが問題なかった。ただし、RTX810のLAN内にPR-500KIを入れようとすると、DHCPでIPアドレスが振られない現象が発生した。普段はRTX810とPR-500KIを接続するゲーブルを外しておく。PR-500KIの設定するときは、また考える。

IPv6 IPoEの再チャレンジ-結果は失敗

結局三連休はIPv6の設定で終わってしまった。IPv6の接続をやめると言いながら、気になることがあったので再チャレンジする。以下は、私の作業の記録であるので、真似をしてもうまくヤマハのRTX810でIPv6 IPoEで接続できないので注意してもらいたい。

気になるのは、IPv6に設定したときにネームサーバーが正しく設定されているかである。RTX810の簡単設定ページにDNSの設定を任せていたので気にしていなかった。

IPv4の2つのPPPoEのセッションで接続していると、以下の用にDNSが設定される。

dns server pp 2
dns server select 500001 pp 1 any . restrict pp 1
dns server select 500002 pp 2 any . restrict pp 2
dns private address spoof on

今回初めて dns server select というのは知ったけど、pp1に繋がればpp1、pp2がつながればpp2のDHPCで配布されているDNSを使うと言ったことでしょうか?

簡単設定ページで「新規プロバイダの追加」の「フレッツ 光ネクストにおけるインターネット(IPv6 IPoE)接続 」でIPv6 IPoEの設定を追加してあげると、DNSは「DNSサーバーアドレスを指定しない、またはプロバイダから自動取得 」に自動的に先駆されて、以下のように書き換えてくれる。

dns service fallback on
dns server dhcp lan2
dns server select 500000 dhcp lan2 any .
dns server select 500001 pp 1 any . restrict pp 1
dns server select 500002 pp 2 any . restrict pp 2
dns private address spoof on

これだとIPv6のLAN2(WAN側)が接続できないとPP1,PP2のDNSを使いそうなので、 dns server select の設定を全部削除してしまう。これでWAN側で取得したIPv6のDNSを使うことになるはず。

no dns server select 500000
no dns server select 500001
no dns server select 500002

スマートフォンからIPv6で接続するできることを確認して、 IPv4, IPv6 のドメインで名前を引けることも確認し、さらにIPv4, IPv6のサイトを参照できることも確認してから、再び一晩放っておく。

翌朝、スマートフォンで参照してみると、今まで同様にIPv4, IPv6のサイト とも接続できない。結果は失敗だった。しかしながら、PCでは正常にアクセスできている。

上のDNSの設定は効果はなかったみたいだった。これは意味のなかった設定かもしれない。だってDNSの設定が間違えていたら、PCだってアクセスできないはず。

IPv6の接続設定を戻した。もっと、IPv6やヤマハのRTX810について理解しなければいけないな。AndroidとWindows10のIPv6の実装の違いがあるのかな。

IPカメラから勝手にUDPの32100ポートでデータ送信

IPv6の設定でヤマハのRTX810のログを見ていたら、 UDPの32100ポートのおかしな送信が残っていた。IPアドレスによると送信元はIPカメラだった。IPカメラはこの安い製品。Amazon’s Choiseになっている。

気持ち悪いので、RTX810のファイアウォールに32100ポートを破棄するルールを追加しておいた。破棄したログの結果は以下の通り。

2019/02/11 11:09:09: PP[02] Rejected at OUT(201084) filter: UDP 192.168. 
xxx.xxx:29326 > 47.91.222.210:32100 
2019/02/11 11:09:09: PP[02] Rejected at OUT(201084) filter: UDP 192.168. 
xxx.xxx:29326 > 47.93.34.139:32100 
2019/02/11 11:09:09: PP[02] Rejected at OUT(201084) filter: UDP 192.168.xxx.xxx:29326 > 47.254.79.165:32100

32100ポートって何かしらね? 数秒おきに送信している。IPカメラの設定画面で停止する設定も見当たらない。このIPカメラは捨てたほうがいいかしら。

あと、AmazonのS3のアドレスからHTTPの80番でEcho Dotにアクセスしてるけど、これも何かしらね? 外部からのHTTPはサーバーを立てていないから、全部Rejectしているから。

スマートフォンで繋がらないから、ぷららv6エクスプレスでのIPv6の接続をやめた

この連休はIPv6で接続しようと思って、ヤマハのRTX810にぷららv6エクスプレスの設定をしてみた。 繋がっているとサクサク調子いい。

しかし、数時間する (時間は不明) とiPhoneやAndroidのようなスマートフォンで繋がらなくなる。PCやMacであれば、そのときでも正常にIPv6で繋がってアクセスできる。

RTX810の簡単設定ページで、再度ぷららv6エスクレスを設定したIPv6 IPoEの接続を更新してあげると,スマートフォンで繋がるように復活する。でも、数時間おきに再接続するために簡単設定ページを開くのもイヤだしな。

ということで、IPv6の設定を削除した。IPv4のPPPoEだけの設定に戻した。再度、IPv6の接続設定をするのは簡単だし。

何か、RTX810でのIPv6の設定で問題があるのかしら。引き続き情報収集。

YAMAHAのRTX810でL2TPで接続できないとき

YAMAHAのRTX810でL2TPでリモートで接続できないときの覚え書き。設定を潰してしまっていろいろやってみた結果。

Windows 10のPCからリモートVPNでRTX810に接続しようとすると、

「 セキュリティ層でリモート コンピューターと互換性のあるパラメーターをネゴシエートできなかったため、l2tp 接続に失敗しました。 」

とエラーメッセージが出て繋がらなくなった。再度RX810の簡単設定ページでVPNの設定をしたのが始まり。

いろいろなページで共有キーが間違えているとか書いていますけど、原因は簡単設定ページで認証アルゴリズムとPPP認証方式をデフォルトで設定したこと。

  • 認証アルゴリズムは「HMAC-SHA」
  • PPP認証方式は「MS-CHAP V2」

を選択させておきましょう。忘れそうなので書いておきます。

IPv6にしたらスマートフォンが繋がらない件

IPv6にしたらスマートフォンが繋がらないと最後に書いたけど、何もしなくてしばらくしたら繋がりだした。これは不思議。

PCもスマートフォン(Android, iPhone)も同じWiFiのアクセスポイントにつなげていたけど、PCは繋がっていた。それとGoogle HomeとEcho Dotも正常に繋がっていた。

WiFiのアクセスポイントはTP-LinkのC9をブリッジ接続しているけど、こいつが怪しそう。C9のIPv6関係の設定は詳細設定でできると書いてあるが、どういう訳か詳細設定のタブが出てこない。おかげでIPv6の設定ができない。ファームウェアのバージョンアップで削除されてしまったのかな?

今のところスマートフォンが無事に繋がりだしたので、そのままで行こうと思うけど、もしトラブルがまたあったらWiFiのアクセスポイントをNECのAtermに戻そう。

追記

NECのAterm WG2600H2を復活させてみたけど、Atermにしてもスマートフォンで接続できなくなるというのは出ることは出る。時間が経つと接続できるというあまりよろしくない現象。IPv4のサイトを接続すると接続できない傾向がある。

無線LANのルーターをブリッジにして接続しているだけだから、無線LANのAPというよりもヤマハのRTX810かぷらら側かもしれない。もしかしたら、スマートフォンかもしれないけど、一斉にスマートフォン(iPhone1台、Android4台)に現象が出るから可能性は低い。

とりあえずRTX810のファームウェアのアップデートをしておく(とてもアップデートが簡単になったのね)。これで様子見。

RTX810をIPv6で接続する

ぷららv6エクスプレス が開通したので、IPv6の接続をヤマハのRTX810に設定してみる。接続するのはとても簡単。RTX810のWeb設定ページで設定ができる。 IPoE方式 なので接続ID/パスワードの設定も必要ない。このように名前を入力してひかり電話に契約しているかを設定するだけ。

RTX810 IPv6接続設定

ひかり電話にも契約しているので、 DHCPv6-PD辺りも設定してくれる。ファイアウォールの設定も設定してくれる。コマンドで設定するのであれば、ヤマハのサイトが参考になる。

今回は、今動いている設定ファイルに追加するので、簡単にGUIのWebページで設定してしまう。

今回は、問題もなくすんなりIPv6でつながってしまう。トラブルない。接続状況はこんな感じ。

RTX810 IPv6接続状況

ぷらら光メイトでインターネットに接続しているので、 ぷららv6エクスプレスはIPv4 over IPv6を利用できない。IPv4の設定(PPPoEのPP1は固定IPアドレス、PP2は動的IPアドレスの二回線)を残しておかなかればいけない。

IPv4とIPv6は接続先によって自動的につないでくれる。DNSがうまいことをやってくれるのかな? IPv6が優先。あまり、よくわかっていない。

PCからIPv6の接続確認サイトにアクセスして、実際にIPv6で接続されているかを確認して完了。正常にIPv6に接続されていた。ひかり電話も問題なし。

実感的にはIPv6のサイトが速くなっている気がする。気がするだけかも。意外に普段使っているサービスはIPv6に対応していた。

追伸

PCは接続できるけど、スマートフォン系はつながらない。

古いPCのCPUクーラーの交換

Intel Core2 Duo CPU E8500が載ったPCだから、相当古いPCのCPUクーラーを交換する。PCを組んだときに最初に取り付けたインテルのクーラーから異音がし出した。このPCは事務所の隅でUbuntuを動かして、たまにブラウザーとかで使っている。

交換したCPUクーラーはこれ。LGA 755対応で安い製品を選んだ。

しかしながら、取り付けのための製品取扱説明書くらいは付けろよな。風向きもファンに書いてないので、おろらくこちら向きかもといい加減に付けた。最初に枠をピンで取り付けてからクーラーを付ける(と思う)。

問題は、クーラーの大きさだった。高さは平気だったが、周りがギリギリだった。このままだと取り付ける爪が届かないので、マザーボードにあるチップセットのヒートシンク(下の写真のGIGABYTEと書いてある青いヒートシンク)のネジを外して、ちょっと力づくでずらしてから取り付けた。

異音はしなくなったけど、音はうるさめのCPUクーラーだった。いろいろCPUに対応しているようだから、このPCがだめになったら他に流用できるしな。

追記

WordPressの新しいエディタGutenbergではアマゾンのアフリエイトリンクを表示できないのね。iframeを表示するときの問題なのかな。

文字列をコピペすると改行が入るとか、新しいブロックに文字を入力すると入力できなくて、どういう訳か同じ内容のブロックが複数出現するとか、まだまだGutenbergは怪しいところがあるな。