700MHz利用推進協会からのちらしを各家庭にポスティングしていた

朝、昨日切った枝のゴミ出しをしようとしたら、バイクに乗った知らない人からチラシを渡された。セールスのチラシだと最初は思ったわ。

携帯とかスマフォが700MHzの周波数帯を利用するからテレビの障害が発生するかもしれないから、もし何かあったら対策をするとかいう協会のチラシだった。

こんなチラシを一枚一枚、ポスティングしているのね。お金かけているわな。以前の地デジ切り替えを思わせるけど、全く700MHzの電波のことは知られていない。

しかし、チラシにはいつから700MHzの電波を使うのか書いていない。もしかしたら、既に使い始めているの? 

バッティングセンターに行ってきた

息子が来週部活のメンバーでバッティングセンターに行くということで、予行演習でバッティングセンターに行ってきた。新羽にあるよく行っていたバッティングセンターは改装中か潰れたかでやっていなかった。

急遽Gmapでバッティングセンターを検索すると新横浜にブンブンがあった。

たどり着いたバッティングセンターは、驚くほどとても小さかった。初めて来たということで、係のおばちゃんが丁寧に教えてくれた。しかも1回20球で100円。1,000円だと6回打てる。安い。

とても空いていて。ほぼ連続して打っていた。息子は楽しんだようだけど、私には辛い。ピッチャーは乱調のようだった。

このバッティングセンターは、マンションが囲まれたところに建っている(上述のGmapを参照のこと)。カキンカキンとうるさいから、私だったらそのマンションには住みたくないな。

CapsLockキーはいらないから

CapsLockキーはあると、いろいろトラブルからいらない。知らないうちにCaps Lockになってしまったとか。

と言うことで無効にしてみた。使ったのは定番のKeySwap。

https://www.vector.co.jp/soft/winnt/util/se228667.html

Caps LockキーをCtrlキーに割り当てるだけ。

今回の一番の目的は、Windows10のタスクビューでディスクトップの切り替えがわかりやすくしたかったこと。Windowsキーの隣がCtrlキーにしたので(既にRealForceのユーティリティでCaps LockキーとCtrlキーを入れ替えている)、素早く切り替えができると思う。

普段のCtrlキーはシフトキーの上のキーを使っている。今回のシフトキーの下のCtrlキーはどちらを押してもCtrlキーっていうのはいい感じである。

だからCaps Lockキーはいらない。

リコーGR修理開始。だけどレンズユニット壊れすぎ。

リコーからGRの修理内容の回答があった。やはりレンズユニットの故障だそうだ。

初代GR Digitalはレンズユニットを2回修理した。今も3回目のレンズユニット不調で壊れたまま。何も写真が撮れない状態で放ってある。GRになって改善されたと思ったらダメだったみたい。また修理をお願いするけど、これで修理は3回目。もういい加減付き合ってられないかもな。

しかも保証期間が過ぎてから壊れるのだもの。ちょっと残念。来週には修理が上がってくるらしい。修理代金は、18,000円也。

リコーGRを購入しようとする人は、レンズユニットの故障を覚悟しろ。撮影旅行の間に故障が起きたら最悪だな。

水漏れ対応その後

アパートの水漏れの対応のその後である。

空いている隣の部屋に移動してもらうことにした。ただし、部屋を片付けてからになるので、今月一杯の期限を付けた。今さら、そのまま住み続けるなんて許しません。

最初、横浜市の普通ゴミに出すとか言っていたけど、ゴミの量が半端ないから、近隣住民に迷惑がかかるから、それはダメだと言った。お金を出してゴミ廃棄の業者に依頼して全部持って行ってもらえ、と指示した。

ゴミを片付けないと、修繕で大工さんを入れられない。修繕の依頼は知り合いの業者にお願いしておいた。

アパート管理の不動産会社にも入居者の保険について調べてもらったら、今回はアパート設備の経年劣化なので保険は出ないと言われた。あとは隣の部屋に移動することの契約の確認をした。

アパート物件で入っている保険について、保険代理店に連絡しておく。こちらは水漏れした部屋の設備で保険が下りるそうだ。いずれにしても、片付けが完了してから保険代理店の人に見てもらう。

修繕、不動産、保険の三者に連絡したけど、揃って「お気の毒に・・・」ということだった。皆さんよく知っている方々なので、多少愚痴を聞いてもらった。特にゴミ部屋については、酷いよねえ、って感じかな。

さて、まずはゴミ部屋を片付けをしてもらわないことには始まらない。その入居者は、二階の水漏れの被害者だけど、この部屋の状況からはやさしく対応できないのが現実である。でも、隣の部屋と、電気、水道、ガスはこちら持ちで費用かからずだから良しとしてもらいたいけど。

だからアパート経営なんてやめておけ・・・。

今年も柿がなりました

今年も庭の柿の木に実がなりました。去年はだいぶ枝を切りましたが、たくさん実ができました。負けずに実を付けたみたい。しかも、例年より大きな実がなりました。

庭の柿

自分のところでは食べきれないので、近所に配ります。柿を取っているときに通る人にあげます。

前に住んでいる小さな女の子が、高枝ばさみを使って柿を採っているの見て、「おさるさんに採ってもらったらいいのに。」と言っていました。「だったらお友だちのおさるさんを紹介してね。」と言ってあげると笑っていました。もちろんその子にも柿をあげました。

うちの柿の実は、熟しすぎて柔らなくなりすぎたものもあるし、まだあおくて堅いものをもあるしで、一度に全部採れません。まだ、数十個は残っています。

元々は渋柿だったのを接ぎ木しいますので、下の方は渋柿がなります。そこで今年は渋柿を干し柿にしました。

縦に大きく柿の木が伸びすぎているので、また切ってあげないといけません。

水漏れしていたら早く連絡しろ。そして部屋は片付けろ。きれいに住め。

アパートの管理会社から連絡があった。入居者から天井から水漏れがしているとのこと。何と前月から水漏れしているらしい。

と言うことで、入居者に早速連絡を入れる。ずっと水漏れしていて洗面器で受けているとのことだった。しかも天井に穴が空いている。おいおい、早く連絡しろよ。ちょっと電話で切れる。

しかも今忙しいから、対応を来週にしてくれだって。ハイそうですかなんて言えない。このままでは物件がダメになってしまう。早急に対応するから今日行くと告げる。しかし、部屋に帰ってくるのが夜の11時だそうだ。

何とか早くならないかと交渉してもダメ。だったら11時に行くと伝える。いつもの水道屋の師匠に連絡を入れた。夜の11時に来てもらえることになった。ありがたい。

その間にも、おそらく原因だろう二階の入居者にも連絡を入れた。申し訳ないけど11時に行くから、水廻りを見せてくれとお願いする。すると、どうもキッチンの下で変な音がすると言っている。これは二階が原因かもしれない。

途中で師匠と待ち合わせをして現地に到着。まずは天井から水漏れをしている一階の入居者に部屋を見せてもらう。非常に部屋の中が汚い。汚すぎる。足の踏み場もない。ガラクタであふれかえっている。いわゆるゴミ部屋。

電話で言っていたように天井に穴が空いている。空いているというよりも、天井が落ちている。なんでこんなに酷くなる前に連絡しなかったのか。仕事が忙しいからという理由以上に、きちんと部屋を使う責任がある。

隣の部屋が今のところ空室なので、部屋を修繕する間はそちらに移るように提案する。このまま住み続けることはさせない。水漏れの後のカビの匂いが充満しているし、これでは他の部屋にも影響が出てくる。ただでさえ空室も増えているのに。早急に修繕と屋根裏の乾燥をしなければいけない。しかし、大工さんの修繕作業をしてもらうために、まずは部屋を片付けるようにいった。

水漏れの原因は、二階の水道蛇口への管のパッキンの劣化だった。こちらは交換して水漏れが止まった。原因特定から修理完了まで30分だった。師匠は仕事が速い。しかしながら、トイレやキッチンの排水ではないのは不幸中の幸い。

保険にも関係するので、破損物の写真を残してもらいようにお願いした。羽根布団とスーツくらいで、あまり金額が高いモノはなさそうだけど、念のため。こちらのほうははガラクタを片付けないと、どこまで修繕しなければいけないかわからないので、片付けが完了してから保険、修繕のことを考える。

今アパートに入居している人へのお願い。とにかく部屋は綺麗に使ってほしい。自分が持っている部屋ではないから。今どきの入居者のみなさんは大概散らかっている。床にモノが散乱している。なんで床にモノを置くのだろうか? うちの娘もそう。片付けられない。

退去のときに、壁のクロスを汚したとかカーペットを焦がしたとか(タバコを吸っていると顕著)、いろいろトラブルを起こしてくれる。きれいに使ってくれた入居者はまず退去時にトラブルは起こらない。預けていたリフォーム代も返金できる。汚く使っていた退去者は、まるまるリフォーム代をいただく。あまりにも酷いときにはプラスアルファを請求することもある(しかし請求できないことが多々ある)。汚い人に限ってクレームを付けてくる。

アパート経営なんてやめておけ。10年後が大変だぞ。

骨が折れたと覚悟したら

カーペットに足の中指を引っかけて、グキってイヤな大きな音がしました。また足の指の骨を折ったかと観念しました。以前、階段から足を滑らせて右足小指を折ったことがあります。このときは完治するのに一月半もかかりました。

痛みが引かないので近くの整形外科があるクリニックに行きました。腫れがないということで、とりあえずレントゲンを撮ります。これが一番速い診断です。

レントゲンの診断結果は、骨には異常なしでした。折れてもひびも入っておらずきれいな骨でした。長引かなくてよかった。今回は靱帯を伸ばしたようで、大きな音は骨が折れなくても音がすることがあるそうです。

痛み止めをもらって様子見となりました。あとは冷やしとおいてというころでした。90%以上は骨には問題ないということですが、まだ1~2週間経っても痛みが続きようならまた受診です。

でも、まだ痛い。足を引きずって歩いています。

スマートフォン購入。今回はHUAWEI P20 lite

大学生の娘がスマートフォンを壊したので、新しくスマートフォンと手に入れた。ただし、本当に壊れたのかわからない。

壊れた症状としては充電できないということだけど、USBのケーブルをグリグリすると充電が始まることがあるし、しばらくすると充電が終わってしまう。一番不可解なのは、電源コンセントによってはすんなり充電ができる。もっと不可解なのは、二口コンセントに直接差し込んでも、片方はOKだけどもう片方はNGとか、はたまたコンセントを反対にすると(接地を逆にすると)NGになるとかわからない症状なのである。しかも、直接コンセントではなくテーブルタップでもOKな口があるという・・・。正にコンテントを選ぶというASUS ZenFone3MAXなのである。

追記(2018年11月8日)

と書いて、一日経ったら、今度は充電できなくなってしまった。もう、充電が不安定でダメかもしれない。外観は液晶フイルムを貼ってあったし、ケースに入れて入れておいたりして綺麗なのに残念。

以上、あまりスマートフォンごときで悩みたくないので、新しいスマートフォンを購入する。今回手に入れたののは、HUAWEI P20 liteである。HUAWEI は初めて購入するメーカーである。一緒に液晶フィルム(ガラス)とシリコンケースも一緒にアマゾンに注文する。翌日到着だったけど、夜遅く翌日到着したので表示には間違えはなかった。明るい内にデータの移行をしたかったけど。

相変わらずAndroidのデータ移行は簡単である。Wi-Fiの接続設定とGmailのIDとパスワードの設定くらいで作業完了した。あとは放っておいたらOK。

だたし、なんてLINEは認証管理が面倒なのか。息子のスマートフォンも玉突きで移行しなければいけないかったけど、ログイン設定をやっておかなかったばかりに新規登録となった。そして、データ専用SIMだったから、認証はFacebookから固定電話で認証をした。初めに自分の携帯電話番号で認証したら、自分のLINEの設定が消えてしまった。誰かがLINEを使って悪さしたので面倒なことになっていると思うけど、複数端末で同時に使えないのは不便である。家族の連絡はSkypeに切り替えようとみんなに提案したけど却下された。

HUAWEI P20 liteはコスパは高い。画面も大きくて綺麗だし動作も速そう。娘が使っているから手元にないので詳細の評価はできないけど。注意点としては、HUAWEI P20 liteはシリコンケースは本体に付属しているから、別途シリコンケースを買う必要がないことくらいかと。あとは充電のUSBの口が、Type-Cであることくらいか。

リコーGR修理の再申込み

リコーのGRの申込みをしたら、休日に申し込んだため指定した日の集荷ができないから再申込みをしてくれと連絡があった。休日にかかわらず電話があったけど、旅行に行っていたため連絡が取れず、メールで至急連絡がきた。

まあ、申込みを受け付けるリコーのシステムが悪いけど、修理申込みをするときは集荷日の設定は注意したほうがいいかも。

再度申込みををした。また申込み受付メールが来たけど、これで大丈夫なのかな?

追記

申込み確認の連絡がわざわざ電話であった。これで大丈夫。何だか非常に丁寧な対応をされたな。