防犯カメラの取り付け

最近、ご近所で物騒なので防犯カメラを取り付けてみた。玄関に取り付けたら、こんな感じ。

取り付けるために外壁に穴を開ける。外と中で一直線になるようにする。適当に測って両側から穴を開けたら、いい感じに開いた。

しかしながら、ここから大変。カメラを取り付けるのにアンカーを打ってねじ込める。これがうまく行かない。手元にあったアンカーとネジを使ったのが失敗だった。素直にカメラに付属のアンカーとネジを使えばよかった。

あとは、取り付けマウントがカメラと外れないので、取り付けに手間がかかる。しかし外れてしまったら、カメラがいたずらされるので仕方ないところ。

監視カメラは、こちらをアマゾンから購入した。

この監視カメラは安いし動画も綺麗。ただし、設定が難しい。HiP2P ClientというWindowsのアプリケーションが全く使えなかった。最初にLANに接続して設定するが、SearchToolという検索するだけのアプリケーションからカメラが見つけることができない。見つけることができないから、HiP2P Clientから設定できない。

仕方ないので、CamHiというメーカーサイトからリンクされているAndroidアプリから設定する。CamHiだと無事にカメラも接続できて設定もできる。まずは、ユーザーとパスワードを変更してしまう。監視カメラは初期設定のパスワードのままでは危険であるけど、ハード的に何か怪しいものを仕込まれていたら防ぎようがないし、ここまでは考えすぎ。

もしかしたら、Webブラウザ経由で設定できるのではないかと思いつき、ブラウザでカメラのIPアドレスを指定したら、監視カメラの設定画面につながった。この道数十年の経験の素晴らしい勘である。ブラウザ経由で設定してしまう。ここでONVIFの設定もできるみたいだ。

Webブラウザからリアルタイムの映像も表示できるが、これはFlash Playerを使っていた。ChromeからはFlash Playerが制限がかかっていて見ることはできない。こちらはEdgeで見ることはできたけど、これから難しくなるのだろうな。

この監視カメラは動体検知をサポートしているので、そんなにデータ容量は食わない。玄関での出入りくらいなら、1~2MBで済む。最初から16GBのメモリカードが付いてくるけど、一杯になるのは相当時間がかかるはず。家族の者が玄関から入ってくるたびに映像をチェックしたけど、正常に録画してされていた。

今後はメモリカードの録画ではなくて、QNAPのアプリケーションに監視カメラの管理ソフトがあったので、QNAPに画像を録画してみようと思う。まだQNAPは1TBほどディスクの空きがあったので相応長い時間録画できるはずである。

また台風が来ますけど。アンテナ崩壊。

また台風が来ますけど、先日やってきた台風のの自宅周辺の被害です。

看板が落ちた商店がありましたが、以下の写真はお向かいのうちのアンテナです。

台風でアンテナ崩壊

見事にアンテナが倒れています。その家の奥さんと話したけど、全然テレビが映らなくてどうしたもんだと思って外に出たら、ようやくアンテナが倒れているのを気が付いたとのことでした。

今は電気屋さんに頼んで新しいアンテナを無事に交換しています。もちろん、VHSなしのシンプルなアンテナになっています。費用は保険が出るそうです。

うちもいまだにVHSの大きなアンテナが上がっているので、何とかしないといけませんな。でも、高いところに登るのは嫌いだしな。

また、台風がやってきますので、皆さんもお気を付け下さい。

アマゾン荷物の到着日

昨日アマゾンに商品を注文したけど、そのときは荷物の到着日は10月3日で明日だった。しかし、いきなり今日の10月2日に到着日が変更されて、デリバリサービスで届いた。

明日届くものと思って出かけていたけど、たまたま帰ったときに受け取れたからよかった。 荷物が一日早く届くのはいいのだけど、もし、不在だったら再配達してもらわらなけらばいけないところだった。

将来、再配達は料金かかるとかになったら、突然の配達日変更はイヤだな。

わたしは気使いしいだから、配送業者に予定を合わせる人。今回は台風が来る前に注文しようとしたけど、台風が来たときに配達してもらうのは迷惑だから、少しずらした。

台風が通り過ぎた後のPCトラブル?

とても強い台風が夜中通り過ぎました。家を揺らすくらいの強い風でした。電気が瞬断して照明が一瞬暗くなり、UPSがガチャガチャ鳴り始めましたので、念のために家(事務所)内のPCやサーバー類をシャットダウンしました。サーバーにつながっているTeraStationがシャットダウンできなかったのには焦りました。

さて、台風の通り過ぎた朝、シャットダウンしていた機器の電源をたちあげます。TeraStationも無事に何もなかったように起動できました。これでひとまず安心です。しかしながら、このTeraStationは相当古いもので、そろそろつながっているサーバー含めてリプレースしなければいけません。

しかし、これで終わりにしてくれないのはPCの世界です。普段使っているPCをしばらく(10~15分ほど)使っていると、マウスカーソルが止まって以下のブルースクリーンが表示され強制リブートになってしまいます。

なんだかイヤな感じのエラーです。停止コードの

DPC_WATCHDOG_VIOLATION

をGoogleさんに聞いてみます。出てきたのはこれ。

何だかソフトの広告サイトのようです。節電機能やディスクの問題とか言っています。あとは、こちらのマイクロソフトコミュニティのサイトです。

マイクロソフト コミュニティ:起動して1分ほどした後にフリーズしてDPC_WATCHDOG_VIOLATIONエラーが出る

こちらはPCに接続した機器の問題と言っています。機器を外してみるというのもいいのですが面倒なので、ここで一応考えます。ひとつ閃きました。「電源管理を見直そう。」 おそらくサスペンドに移行しようとしたときに、機器が応答なしでトラブルっていると勝手に想像します。

この対応は、本当に思い付いた理由無しの勝手です。Windows10の設定から「システム」の「電源とスリープ」ですべて「なし」を選択してしまいます。これでこのPCはサスペンドもスリープもしなくなって、ずっと電源が付けっぱなしになります。

以上の設定をしてところ、いまのところブルースクリーンになって強制リブートというのはなくなりました。これで合っているかはわかりませんが、結果オーライということで作業を続けます。またおかしくなったら、また考えましょう。

PCって面倒で難しい・・・。

ソニーのパンケーキレンズ SEL16F28 はピントが甘い?

久しぶりにソニーのパンケーキレンズであるSEL16F28を引っぱり出して撮ってみた。こいつは昔NEX-5を買ったときに付いてきたレンズ。今まであまり使っていなかった。

SEL16F28

秋に旅行に行くことになり、レンズをどうするか考えてみた。せっかく16mm(35mm換算で1.5倍で24mm)の単焦点があるのから使ってみようと思った。

しかしながらピントが甘いののね。ものすごくボケる。ソフトフォーカスなんてこと言っていられないレベル。値段相応とか言われればお終いだけど。スマートフォンのカメラの方がよく撮れるレベル。

このレンズだけが悪いのか、それともSEL16F28の製品としての特性か? このレンズが悪いのなら、今さら修理なんて出せないしな。これがSEL16F28の性能とか言われると放り投げたくなる。

あわよくば、ワイドコンバーターを買って遊んでみようかと思ったけど。今のところやめておこう。

追記

いろいろ試してみたけど、このレンズ固有の問題みたい。

30cmから無限大が全然ピントが合わない。ボディ2台試してけど両方ともダメ。30cm以内だったらOKだったけど、何も使えないな。これだとただのレンズキャップ。

ワイドコンバーターを買わなくてよかった。まして、買い換えなんてしないだろうな。

適格請求書等保存方式の影響

本日は会社の決算で、税理士の先生とお話しをした。 近々上がる消費税のこととか、導入される軽減税率とか。

軽減税率は会社の事業からはあまり関係ないのだが、それに伴う適格請求書というのは多少なりとも関係ありそう。その請求書での発行事業者の登録番号の有無というのが、今後の取引の上で影響あるかもしれない。

しかしながら、軽減税率っていう制度はやめたほうがいい制度だな。低所得者向けの配分を考えるのであれば、もっとスマートな方法があるのに。オリンピックだけのサマータイムもね。数千億使って感動というのもね。いまだにオリンピックはやらない方がいいと思っているし。決定した都民の皆さん、終わった後のこと何とかしてね。

おかげさまで、今期は二年連続で黒字になりました。まだまだ会社が存続しているのは素晴らしいことです。

消費税の軽減税率制度>平成35年10月からは「適格請求書等保存方式」に

ホンダにHMMF交換に行ってきた

クルマを購入したホンダのディーラーにHMMFを交換しに行った。ホンダのディーラーに行ったのはリコールで行った以来久しぶり。

最初受付の手続きをやってくれたのは、 以前のトラブった担当者。無駄話もせずに進めてくれる。気不味い緊張感が漂っていた。

作業時間は40分くらい。予約がいっぱいで混んでいると思いきやガラガラだった。おそらく車検で預けているユーザーが多いのかな。ぬるいコーヒーを飲みながら待つ。

予想通り7,000円ほどかかった。工賃込み。

40分間ぼうっとしていた。店の中が随分変わった。展示車が店内にない。商談スペースだけになっている。一組のお客が銀行とトラブっているようで、大声で電話で怒っていた。

もう今のクルマを買って7年目だけど、何も買い換えセールスも来なかった。来たら来たで困るけど。セールス担当者を外してもらったからね。

HMMFを交換しても何が変わったかわかないな。ミッションにはよいのだろうな。

やはりホンダの販売店と付き合うのは辛い

クルマのエンジンをかけたら見慣れない警告が出た。

Googleさんに聞いたらHMMFというのはミッションオイルのことで交換しないといけないらしい。この前の車検をやってもらった街の整備工場では、ミッションオイルはメンテナンスフリーとか言っていたような。もしかしたらミッションオイルではなくてステアリングオイルのことだったのかな?

乗るたびに警告が出てくるのがウザいので、ミッションオイルを交換してもらうことにする。手っ取り早くクルマを買ったホンダの販売店に連絡する。ホンダの販売店はクルマを買ってからいろいろ営業マンとトラブって、今は全くつきあいをしていない。

電話で今日交換できたらお願いしようとしたら今日はピットがいっぱいで、何と金曜まで空いていないと言われた。案の定こちらの重いとおりにならない。そんなに混んでいるの? そんなにクルマは売れているの?

そして、12時から13時まではビットは昼休みで予約できないと言われた。昼を食べている間に交換してもらおうと思ったけど、ビットの作業員の働き方改革のため仕方ないか・・・。

まじめに連絡して予約したけど、もしかしたら飛び込みでホンダのディーラーに行ったほうが、そのままピットの空き時間で対応してくれたかもしれないと予約を追えた後考えてしまった。

どうせ 作業をしている間に、トラブった営業マンと1対1で面と向かってテーブルに座るようになると思うけど(リコールのたびにこの状況が何度かあった)、考えるだけでも辛いわ。まあ、こうなったのは自業自得かもな。

娘の教科書を注文する

大学生の娘の教科書を注文する。通常なら大学出入りの本屋に発注するのだが、教科書の定価が高いしということで、ケチくさくアマゾンの中古品を探す。大学で使うような専門書でも中古書籍で出回っている。皆さん授業が終わったらとっとと古本屋に売ってしまうのかな。

10冊の教科書を手に入れないといけないのだが、1冊だけアマゾンでも新品も取り扱っていなかった。こちらは大学の書店で注文させる。2冊は新品しかなかったので、そのままアマゾンに注文する。その他は中古品で注文する。これで半額くらいで済んだ。著者の先生方、ごめんなさい・・・。

後の問題は古本屋からの発送方法である。クロネコヤマトのDM便で発送されたら最悪である。本来ならば通販の品物はDM便で送ることができないヤマトの契約だけど、そんなこと関係なしにDM便で送ってくる書店もあるので注意が必要である。

大学側にお願いだけど、書籍を指定するのであればタイトルと著者以外に日本図書コードも付けてくださいな。そうすれば間違えなくて済む。

Yahoo!の期間固定ポイントの使い道

Yahoo!から「 もなくポイントが失効します」というメールが届く。明日には100ポイントがなくなるそうだ。このポイントは有効期限が短い期間固定ポイントである。

たまにYahooショッピングで買い物をするたびに溜まっていく。このポイントを使うために、またどうせYahooショッピングで買い物をさせる気である。

しかし、なかなかお得な買い物をYahooショッピングでできないのは正直なところである。今必要な買い物からすると、ポイントを使っても価格とか送料とか考えると、アマゾンとかヨドバシ.comで買った方がお得なのである。

しかしながら、このまま失効するのはもったいないと考えた。寄付してしまえばいいのである。ポイントを失効させるよりも有効にポイントを使える。

失効する100ポイントにプラスして、有効期限が来年の100ポイントをYahooネット募金で寄付してしまう。これでモヤモヤしていたものがスッキリした。